中学生コース

最新技術の活用と生徒一人一人とのコミュニケーションを大切にした
ユニバースクールだからこそできる新しい塾の形があります。

教育環境はICT・AI技術などの進歩によりますます大きく変化しています。
ユニバースクールでは最新技術を活用し今だからこそできる教育環境を整え2020年度もますます進化していきます。
インターネットを使って時間や場所に縛られずにオンライン学習をすることもできるようになりましたが私たちは学習塾がわざわざ行くべき価値のある場所となるために、最新の技術を取り入れるだけではなく緊張感と楽しさの中で行われる生徒参加型ライブ授業一人一人の理解力に合わせた勉強ができる個別特訓授業の工夫などを行なっています。英数国理社だけではなくキャリア教育授業〝未来デザイン講座〟という授業を行っています。日常生活の中で中学生が将来のこと、そして今世界で起こっていることなどを考えたりする時間をとることは難しいでしょう。このキャリア教育授業ではその時間を確保した上で自分の思っていること感じていることを大切にして正解のない問題を一緒に考えていきます。またチームでのプレゼン発表会なども実施しその様子をまた自習しやすい環境整備や生徒一人一人のためにスタッフがコミュニケーションをとりアドバイスできるコーチとしての役割を大切にして生徒みんながユニバースクールで勉強したい!という場所を提供していきます。

 

UNIVER-STYLE 授業

ユニバースクールのとことんやる!出来るまでやる!!
という授業システムをさらに進化させていきます。最新のテクノロジーを利用して

集団指導や個別指導の良い部分を融合させた新しいスタイルの授業を行います。

 

いつでも好きなときに塾に来て勉強できる環境がユニバースクールにはあります。しかし授業では集団指導で学年毎クラス単位で決まった曜日、時間に集合をしてライブ授業を開始します。授業に予習は必要ありません。はじめに新しく習う内容の理解をしてもらうために導入授業を行います。科目によってはその授業が日常生活にどんな意味をもたらしているのかなど一緒に考えるアクティブラーニング型授業の時間をとりモチベーションを高めながら授業をスタートできるよう心がけています。ユニバースクールでは習う時間を最小限にして自ら手を動かす時間や自ら習ったことを使って考える時間を大切にしています。
導入授業後、科目や授業内容により授業スタイルは変化していきます。テキストもしくはiPadに入ったテキストアプリで演習授業、演習量をさらに増やす特訓講座、数学ではatama+を利用して『“超”オーダーメイド学習』、英語ではLoqLogを使った英語音読をする『LoqLogトレーニング』を行います。演習スタイルの授業では基本問題を繰り返す演習をしたり応用問題への演習を行ったりと一人一人の理解度などに合わせ学習していきます。ライブ授業スタイルの時間には映像授業では解説の難しい問題などを共演授業を通して学んでいきます。そして授業の最後にはCT(チェックテスト)タイムを設けています。チェックテストに合格するまで再テストや補習を行います。ユニバースクールオリジナルのUNIVER-STYLE授業では生徒と先生のコミュニケーションを大切にしています。定期的に学習面談を行い学習進度や勉強に関する不安点などをシェアしあい改善していきます。

 

 スクリーンショット 2020 03 09 21.40.32

ユニバースクールの授業について


 

いつでも相談できる先生がいる。

先生の役割は『コーチング』へと変化します

 

先生の役割が大きく変わろうとしています。

今まで集団指導や個別指導では直接先生が生徒に教えるティーティングが

スタンダードなあり方でした。しかし、必ずしもそれが学習する上で効率的なやり方とは言えませんでした。

IT技術の進歩によって教えることの全てを先生がやるべきことではなくなっていくと私たちは考えています。

IT技術をうまく取り入れながら授業を展開していくことがこれからの指導に不可欠になっていくことでしょう。
私たちにとって先生とは生徒の皆さんがモチベーションを保ちながら勉強を継続してもらえるよう一人一人を手厚く見守るサポーターとしての役割であるべきだと考えています。
ユニバースクールでは生徒一人一人とのコミュニケーションを多くとり、日々の勉強の進捗状況やテスト対策面談、相談などを共有する機会を毎月のように設けています。

mendan                                                                                              

ユニバースクールだからこそできる6つのキーワード

 

ユニバースクールオリジナルコンテンツ

 

   UNIVERPLUSを紹介

 ユニバースクールのチームスタッフが作成した〝UNIVERPLUS〟というシステムを使い動画授業が視聴できるだけではなく学習効率をさらに上げ理解、反復練習を通して、基礎学力の定着をはかっていきます。動画授業や練習問題は家でも塾でもスマートフォンやタブレットから映像授業を受講できます。また練習問題でミスをしてしまった問題はつねにシステム内に蓄積され必要なタイミングで再びその問題が出題されるようになっているなどアナログでは出来にくいことを可能にしてくれます。

 

 

 

ユニバースクールの授業のしくみ

 

ユニバースクールの授業は中学校のカリキュラムより進度ははやく進めていきます。進度をはやく進めることが目的ではなく、学校の授業の予習を行い、

『わかった』内容を『できる』ようにするために自らの力で解く演習時間を取り入れ、学校の授業を復習にできるようにしています。また定期テスト対策では進路を進めずテスト範囲の総復習をさらに行い授業スケジュールの中に演習時間が多く含まれています。
新しい単元を勉強する際、その単元を勉強する意味を一緒に考えたりする時間をとりライブだからこそできる授業を行なっていきます。

 DSC4151

 

 

人工知能型教材で数学を効率よく演習しよう

数学の個別特訓形式の時間にはAI(人工知能)を活用したラーニングシステム『atama+』を使用します。atama+はAIが一人ひとりすべて違う理解度・学習履歴・ミスの傾向・その日の集中度などに合わせ、世界にひとつだけの、その生徒専用のカリキュラムを自動作成することができる個別指導以上の、“超”オーダーメイド学習を可能にします。最短ルートをナビし、ハイウェイを走るように最速で成長できます。

 

atamaplus


次世代が社会から求められる力を身につける

『なぜ高校に行くんだろう?』『なぜ大学に行くんだろう?』『どんな仕事をすればいいんだろう?』こうしたえのない問題から逃げることなく考えることはとても大切だと私たちは思っています。またそのことをしっかり理解し、明確化することによって前向きにモチベーションを維持した状態で日々の勉強や高校受験に対して取り組むことができると考えています。そのために今、私たちが中学生にできることは常に自分の頭で考えて行動する機会を作ってあげることだという結論になりました。「未来デザイン講座」という講座を設置し自分の可能性を理解し、主体的に行動できる人を目指していきます。

キャリア教育授業未来テサインjpeg

 

英語学習をより効果的にする音読プログラム!

英単語を覚えるとき、ただ単語と意味をながめていませんか?
読み方が分からずローマ字読みで適当に覚えたり、とりあえずノートに書きなぐってみたりしていませんか?これではなかなか覚えられません。
それにがんばって覚えられたとしても、これではリスニングやスピーキングには全く活かせないですよね。そこで、LoqLogという音読をしながら英語を習得するシステムを使い、1つの英語に対し『英語3回➡︎日本語1回➡︎英語3回』とリズムよく音読をしながら、たくさんの英語を覚えていきます。音読を通してきちんと『音』から英語を学ぶことにより、無理なく覚えることができ、さらにリスニング力や
スピーキング力も自然についていきます。
この音読プログラムはスマホやタブレットを使って毎日10分を目安にやると効果的なプログラムです。私たちは日々の学習の中で音読をすることを伝えていきます。

loqlog

 

保護者の皆様も授業に参加!

ユニバースクールの授業をお子様がどんな様子で受講しているのかをぜひ保護者の皆様にもご覧いただきたいと思っています。ご家庭では見ることのないお子様の姿がそこにはあるかもしれません。ユニバースクールでは授業参観のようにライブ放送で授業の様子をご覧いただける日をご用意しています。またキャリア教育授業の中ではグループ発表をする授業日がありますので発表日にはお子様の発表の様子もぜひご覧いただけたらと思います。また定期テスト対策後に行われる定期テスト報告会の様子も随時ご家庭で見られるようにしていきます。その他にもユニバースクール公式ブログYouTubeチャンネルなどを通してスタッフよりお子様の
様子や高校受験情報を随時お伝えしていきます。

授業参観

 

 

ユニバースクール中学部授業の特徴2020(映像)

中学生向けカリキュラム

資料請求・お問い合わせ

戻る

ログイン

戻る メニュー

カート

JTouch Mobile Extension for Joomla! 2.5 (c) 2011 - 2013 Griddy Designs, LLC